×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫ニキビの原因、症状、治療、予防など、猫ニキビに関する豆知識


猫ニキビは、顎の下などにできる黒い砂粒のような汚れや吹き出物の事で、アクネ、コメド、ザソウ等と呼ばれる場合もあります。
黒っぽい色をしている事から、黒ニキビと呼ばれる事もあります。
これは、毛穴に詰まった古い角質、皮脂、分泌液などの角栓で、細菌コロニーの一種とも言われています。
そのため、放っておくと皮膚に腫れや炎症などの異常が生じる場合があります。




猫ニキビ
光触媒の除菌スプレー

猫ニキビの症状

 

猫ニキビができると、顎の下に黒っぽい汚れの塊がいくつも見られるようになります。


触ると、でこぼこした湿疹や吹き出物が生じている事もあります。

 

患部に細菌感染や寄生虫感染が生じている場合には、皮膚が赤く腫れたり、皮膚や被毛に黄色い膿が付着する場合もあります。

 

顎の下を痒がって、何度も繰り返し引っ掻いているうちに、皮膚が傷付いて出血が起こったり、被毛が抜け落ちて薄くなる事もあります。

 

アレルギー体質の場合には、強い痒みが起こりやすく、ひどく掻き毟った場合には、じゅくじゅくした状態になったり、細菌感染が皮膚の深部にまで及ぶ場合があり、なかなか治りにくくなる事があります。

 

目や口に入っても安心安全、光触媒テクノロジーの除菌スプレー