×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫ニキビの原因、症状、治療、予防など、猫ニキビに関する豆知識


猫ニキビは、顎の下などにできる黒い砂粒のような汚れや吹き出物の事で、アクネ、コメド、ザソウ等と呼ばれる場合もあります。
黒っぽい色をしている事から、黒ニキビと呼ばれる事もあります。
これは、毛穴に詰まった古い角質、皮脂、分泌液などの角栓で、細菌コロニーの一種とも言われています。
そのため、放っておくと皮膚に腫れや炎症などの異常が生じる場合があります。




猫ニキビ
光触媒の除菌スプレー

猫ニキビの治療

 

猫ニキビの治療は、症状が軽度であれば、自宅でお手入れする事できれいに治まる事もあります。

 

お手入れは、患部の殺菌・消毒を行い、やわらかい歯ブラシで軽くブラッシングしたり、コットンで優しく拭き取るなどして、患部を清潔に保つ事が大切になります。

 

いずれの場合も、水やぬるま湯で湿らせた後に行うと、皮膚が傷付きにくく、汚れが取れやすくなります。

 

皮膚が赤く腫れていたり、傷があるなど、皮膚や毛穴の炎症が進行している場合や、なかなか治まらない場合には、病院で詳しく診てもらうようにしましょう。

 

目や口に入っても安心安全、光触媒テクノロジーの除菌スプレー